建て売り物件の一戸建て住宅を購入しました

一戸建ての工法、木造在来工法

建て売り物件の一戸建て住宅を購入しました 一戸建てを立てるときにまず決めたいのがどのような工法で建築していくかということです。ツーバイフォー工法や木造プレハブ工法、鉄筋プレハブ工法などさまざまな広報がありますが、中でも最も多くの住まいに使われているのが木造在来工法です。これは古くから日本で行われている伝統ある工法で、実績十分なものです。もともとは大きな大黒柱をもとにして組み立てていたのですが、現在ではこうした工法ではコストがかかりすぎるので、梁と桁を上手く組み合わせてコストカットに成功しています。この木造在来工法のメリットは日本の風土に合っていて湿度や温度に対応するところでしょう。また、多くの家がこの工法で建築されるため、仕様や間取りなどに融通が利き幅広い選択肢の中から住まいを選ぶことが出来るので、予算に合わせて幅広いコストから選べるというのも大きな魅力です。中にはこだわりの木造在来工法として高級木材を使った家もあります。

一方で最もローコストな住宅を建設したいときもこの木造在来工法は大変有効です。木造在来工法なら多くの工務店で取り扱いがあるので幅広い選択肢の中から工務店を選ぶことが出来るのもメリットと言えるでしょう。後悔のないマイホーム建設ができるのです。

関連キーワード

Copyright (C)2022建て売り物件の一戸建て住宅を購入しました.All rights reserved.