建て売り物件の一戸建て住宅を購入しました

一戸建ての工法ツーバイフォーとは

建て売り物件の一戸建て住宅を購入しました 一戸建て住宅を購入するとき、または注文住宅として建設するとき、後悔のないように理想に近い住まいを建設したいものです。そのためにできるのはどのような工法があるのかを調べ、それぞれの特徴やメリット、そしてデメリットを調べることと言えるでしょう。今、大変人気がある工法がツーバイフォーと呼ばれる工法です。これは北米からの輸入工法で、日本の在来木造工法とは大きな違いがあるのが特徴です。ツーバイフォー工法は一目見てわかるほど特徴的な形をしています。まるでキャラメルの箱のような四角い形で小さな窓がついていますが、これはツーバイフォーならではの構造によるものです。というのもツーバイフォーでは柱となる構造体がなく、壁自体が構造体となって建物を構成しているので、四角い箱のような形になります。壁が家全体を支えているので開口部は小さく間口も窓も小さいのが特徴です。防犯性も優れていると言えるでしょう。

また、そのほかにも地震に強いというのもうれしい特徴です。地震の多い国日本では、耐震性の高い家が求められますが、そういう意味でもツーバイフォーはあっていると言えるでしょう。このような大きなメリットがあるのがツーバイフォー工法なのです。

関連キーワード

Copyright (C)2022建て売り物件の一戸建て住宅を購入しました.All rights reserved.